スーパー捜査ロボ【トロップ】始動!(2)

 

「5百円玉は、全部銀メッキの偽硬貨です。製造年は昭和62年だけです。複数の人物のものと思われる指紋の一部が偽硬貨から採取できました」

「指紋?それは期待できるかも。で?」

 

「ワタシがその部分指紋を組み合わせで指紋を復元したところ、その一つがスノーウィーの指紋と一致しました」

「おお、そうか! …ん…いや…、スノーウィーって指紋あったっけ? あったにしてもいつも手袋をしているし…」

 

「MI6(イギリスの対外情報機関)やモサド(イスラエルの対外諜報機関)が、スノーウィーの指紋を採取しています。ワタシはそれをスナフキン長官経由で入手し、『猫たま警察』のデータベースにダウンロードしてあります。もちろん強力な暗号化を施して」

「…へぇそうなの。行動にソツがないぞ。キミはスゴイな…」

 

「ワタシは、超すばらしい捜査ロボットですので当然です。では捜査に戻ります。また夕刻帰署後に報告にまいります、ぜひ、ご期待ください!」

「…うむ!」

 

使えそうなヤツだ。さすが1体30億円。

 

でも、なんとなく自己顕示欲強烈、自信満々、自画自賛タイプみたいなところがあるよう~な。

ま、現在の状況では、とりあえずは性格?よりも能力重視だ。

 

 

<--前 Home 一覧 次-->


 

2018年01月27日