休暇最終日(1)欧州『CAT'S POLICE』から連絡が…

 

ルルルル。

バカンス最後の夜。帰り支度もそこそこに、部屋で飲んでいると、ホテルのルームフォンに電話だ。

 

「アロ~、デェイス イズ スペシャル・ポリース・インスペクター タマキチ スピーキング

…」

「ハロ~、ディス イズ オニオン、アイ アム…あ~そういえば、あなた日本人ですよね。私はオニオン、【欧州猫たま警察機構】の長官です。初めまして!」

「ワット?(What?)」

「私は日本に留学してたから日本語平気です」

 

「…な~んだ、そうですか。では日本語で。【欧州猫たま警察機構】の【オニオン長官】といえば、数回国際会議でお会いしたことがありましたっけ?」

「ええ。今日は緊急のお知らせを!」

「緊急? でもボク、今、バカンス中で飲みすぎてて、ちょっぴりベロンベロンなんですけどぉ…」

「…」

「明日じゃダメですかぁ~」

「…よく聞いてください。あなたが蟄居・謹慎に追い込まれたのと同時期に、こちらヨーロッパでも似たような事件があり、スナフキン長官が辞任されました」

「…じにん…スナフキ…ン…ええええ!」

「彼から預かった音声メッセージがあります。まず、お聞きください」

 

 

<--前 Home 一覧 次-->


 

2018年02月12日