SWAT突入!! あ~っ・・・!!!

 

ボクが最強部隊【SWAT】に突入を命じ、彼らの部隊の半数が怪しい小屋に入ったと思うと、すさまじい爆発音が!

火だるまになり逃げ惑う隊員、あるいは吹っ飛んで宙を舞う隊員たち…。

一瞬にして、現場は修羅場と化した。

 

しまった! スノーウィーにしてやられた!

こちらの動きをすべて察知し、逆手にとってワナを仕掛けていたんだ!

 

ボクはその瞬間、ひとこと叫んだあとは頭が混乱し、しばらく呆然としてたらしい。

「警部!指揮を!」

という部下の言葉で我に帰り、

「救護隊と消防隊を出せ! 爆発物処理班も呼べ! 我々はSWAT隊員の救出に向かう。みんな武装して私に続け!」

と指示を出し、指揮車両から飛び降りて、奥多摩の雪原を駆け出した。

 

「くっそぉ! やられた、やられた。油断した。ボクとしたことが!

スノーウィーごときに、まんまと…。

 

それにしても最終段階まで『ニュートリノ通信』でトロップと交信していたはずだが、なぜ?

 

「SWAT隊員、すまない! ボクのミスだ! どうか無事でいてくれ」

「この爆発では、トロップもバラバラにされたかもしれない…30億円…いや大切な部下」

そんなことを心の中で叫びながら、ボクは走った。

 

不審な小屋は大きな炎に包まれ、とても近づけない。

爆発物以外にガソリンも大量に撒かれていたらしく、焦げ臭い異臭とともに小屋はみるみる焼け焦げ、あっという間に崩れ落ちた。

 

まだ爆発物が残っているかもしれない…。

ボクは小屋の手前数十メートルまでしか近寄れず、屈辱で唇を噛んだ。

そして部下たちは、雪原でのたうち回っているSWAT隊員の救護に駆け回っていた。

 

<--前 Home 一覧 次-->


 

2018年02月04日