豪雨で【やっさだるマン】さんの三原市がたいへんなことに…(1)

 

私はこの『Rちゃん絵日記』で【やっさだるマン】の故郷である三原の紹介をしたり、うちの執事は『タマ吉捜査記(タマ捜ブログ)』で、【やっさだるマン】の大活躍をリポートしたりしてきました。

 

うちの執事が三原出身なので、4月には【やっさだるマン】さんの映画を観て、舞台挨拶後に【やっさだるマン】さんとも触れ合い、すごくはしゃいでいました。

 

「南小学校が…変わっとる!」

私も一緒に映画を観ましたが、なんのことかはわかりませんでした。

 

その後、6月には三原からミュージカル鑑賞のため【てるちゃん】さんが来られた時に、プチ同窓会が池袋であり、うちの執事はかなりはしゃいで楽しんできたようでした。

 

「俺は帰れないけど、法師丸都知事は【やっさ祭り】で踊り狂う…らしいぞ」

そんな感じで、うちの執事は楽しそうでした。

 

ところが…。

西日本を襲った大豪雨。

うちの執事は、まず【てるちゃん】さんのLINEの写真で沼田川の氾濫を知りました。

そのときは、

「俺は沼田川の下流に住んでいて、子供のころ、床下浸水は何度も経験したけど…本郷や納所(のうそ)のあたりが決壊するなんて…」

くらいでした。

 

その後、そのLINEでの【てるちゃん】さんを中心とするやりとりやテレビ報道で、とんでもないことが起こっていると…。

 

災害で亡くなったかたも、市内で10人近く…、インフラは壊滅。

 

「俺が知る限り、聞いたこともない…ひどい事態だ」

日頃、脳天気な執事が…。

 

もちろん、災害に遭ったのは三原市だけでなく、西日本各地では甚大な被害が出ています。

三原だけを特別視するわけではないのですけど、私もこの執事と何度も帰った三原市。

 

時折の帰省だけでなく、私は義母の看病などで、仕事を休んで数か月、三原に長期間滞在もしたこともあります。

 

だから、三原だけを取り上げることを、お許しください。

 

 

<--前 Home 一覧 次-->


 

 

2018年07月09日