【備後弁09】「すいばり」 (指などに刺さる)木の小さいトゲ

広島弁備後弁50音順一覧へ
広島弁備後弁の女子言葉編
名文備後弁訳 編

<スポンサーリンク>


広島弁(安芸弁~備後弁)~岡山弁(備中弁)講座09

【すいばり】 (指などに刺さる)木の小さいトゲ

 

今日の凶悪犯罪、『解体物件専門材木商殺人事件』のクライムシーン(犯行現場)が、材木置き場だった。

どうやら、質の悪い中古材木を新品と偽って販売し、誰かに恨まれての凶行らしかった。

 

鑑識との犯行現場での捜査中に、木材の下に何か見つけたので、その木材を移動しようとしたら、木の表面のささくれたトゲが指先に刺さったんだ。現場保全のために手袋はしていたんだが、薄いビニール製だったから、突き通っちゃったよ。

 

「うわぁ痛~い!すいばりが立ったぁ!」

と思わず叫んだら、いつものごとく、みんな、

「…スイバリ?」

って怪訝な顔。いやんなっちゃうなあぁ。

 

現場指揮官(ボク)の主原語である『備後弁(広島弁の仲間)』を勉強しておけって、思うよ。

 

捜査中に、

すいばりってのはねぇ、つまり…」

なんて説明してられないよ。捜査が滞ってしまうじゃないか。

 

自然木でも【すいばり】は刺さることはあるけど、やっぱり荒い仕上げの木材や古くなった木製品の表面の、ささくれ立ってるようなところに触ってしまうと、【すいばり】が刺さるよね。

 

「タマ吉警部、どうやら凶器は胸に突き刺さっている木の杭のようです」

と、今年首席で警察学校を出た部下(※私に憧れて我が課を希望し配属)が言う。

「う~ん、被害者の胸に刺さっているんだから、言われなくても、そりゃそれが凶器だろう」

と、考えるのは、二流の探偵だ。

 

「よく見たまえ! 本当の凶器は、あそこに落ちている金づちだ! 被害者は頭蓋骨を割られて死んだんだ。犯人が捜査をかく乱するために、心臓に【巨大なすいばり(木の杭)】を打ったのさ」

「さすが、警部! で、どうして心臓に杭なんでしょうか?」

「被害者がドラキュラだと我々に思い込ませて、捜査の範囲を日本だけでなくルーマニアのトランシルバニアまで広げさせるためだ!」

(まさか…それはないだろう)

 

さて…、【すいばり】の先が少しでも皮膚の表面から出ていれば、ピンセットで抜けるんだけど、だいたいは皮膚組織の中に埋まってしまってる。

 

そういうときは、裁縫針の先を殺菌のために火であぶってから、その針先で【すいばり】の先っぽをほじくり出すんだ。【すいばり】の先っぽが見えたら、ピンセットで抜けるからね。

 

細くてもろい【すいばり】のときは、その先っぽがちぎれてしまって、大部分が皮膚の奥に残ってしまうんだよね~。

 

そうまでまっちゃうと、裁縫針でもっともっと奥まで、ほじくらないといけない。

あれって、痛いんだよねぇ。

 

標準語 広島(備後)弁
トゲが刺さる すいばりが立つ

 


はにれた【備後弁まんが】
三原三万石
やっさだるマン
タカカゲくん

<--前 Home 一覧 次-->


<スポンサーリンク>

 

 

2017年12月07日