孤立無援の一人応援団 【カープvs巨人】 [2]

<スポンサーリンク>

孤立無援の一人応援団(2)

試合が始まった。

ビジターの広島カープの攻撃からである。当然のこと、私はおとなしく試合を見守った。
あたりは広島弁に満ち満ちている。当然すでにカープファンのみなさんには酒も入っているようだ。

さてその裏の巨人の攻撃となる。
私は(今考えると、どうかしているとしか思えないのだが…)ひるむことなく、ジャイアンツと大書した旗を持ち上げ、レフトスタンドの最前列で振り回した。
さきほども書いたように、最前列だから目の前は通路で思い切り振れるのである。

「おら~、行け~!ジャイアンツゥ~!!」
ある意味、これはとんでもない行為であろう。

私の後方は、すべてネイティブに広島弁を話すカープファン。
そして、闘魂と化した正真正銘の応援団が満載である。

そこではカープ応援団の本物の巨大な旗が立ち並び、トランペットや太鼓がいくつも鳴り渡り、赤いハッピであふれているのだ。

(おそらく)たった一人の若者(私)が狂ったように目の前で自作のジャイアンツの旗を振りながら、大声を出している光景が、あまりに予想外の出来事だったからか、目の前でジャアイアンツに声援を送る酔狂者の私に対して、後方のカープファンからは怒りではなく失笑がおこっていた。

「おお、なんやあいつ!がんばれよ~」
「アホがおるでぇ~」
みたいな感じである。

それとも、一人応援の私が、どうにも不気味なので、そういうふうにして態度を紛らわすしかなかったのか?

そのときのリーグ順位や対戦成績はカープが上位であり、そのことが私に幸いしたといえる。
その日の試合も、結局0対9(私の記憶)でジャイアンツは全く良いところなく負けるのである。私の熱狂的な応援にもかかわらず…。

篠塚だったと思うのだが、サードからタッチアップしてライトのライトルの矢のような返球でホームアウトされたり、もうジャイアンツファンには、さんざんな試合なのであった。

だから、私は無事だったのか?

たぶん半分の理由はそうだろう。
(もう半分は、広島県人は意外と優しい? 仁義ある人々!)

カープファンというのは、チームが強くなって応援団が自主的にマナー徹底を呼びかけるような心の余裕ができる前は、広島球場の外野(球場内!)で焚き火をして弱いチームを奮起?(脅迫)させようとすることもあったのである。

(私の記憶では、その外野席で焚き火があった試合はテレビ中継されていて、リポーターによるとあの世界に誇る衣笠選手がベンチで泣いていたそうだ)

敵の渦中での私の熱烈な応援にもかかわらず、巨人軍は大敗した。
これが私の球場に行った最初の経験であった。
少し悲しいし、やはりそんな私は不憫だ。

おそらくだが、この日たまたま私の故郷のチームであるカープ戦であったから私は恐れることなく(ちょっと、びびったけど)旗を振れたのであって、もしこれがタイガース戦やドラゴンズ戦であれば怖くて何もできなかったであろう。
(他のセリーグチームなら微妙)

今、私は、紆余曲折を経て平和にカープを静かに応援している。
同窓のLINEグループで、カープの話題が出ていると、一人で微笑んで、みんなの熱いメッセージを読んでいる。
(話題についていけないだけ…?)

幼馴染の根っからのカープファンである親友F夫婦と私夫婦で、時々球場に行く。
私はカープグッズを一つ身につけ、カープを応援する。

カーン!
おお、カープに本塁打が出たぜ!

妻が私に訊く、
「今、打ったの、誰?」
私は答える。
「スズキセイヤだよ」

私はスコアボードで打った選手の名前を確認して、カープファンになりすましている。

(このお題、完)

<--前 Home 一覧 次-->



2018年12月01日