バレーボール県大会、敗退の夜の怪 [5]

<スポンサーリンク>

バレーボール県大会、敗退の夜の怪 (5)

強烈なスパイクを相手コートに突き刺すはずが、お笑い大道芸のようになってしまった自分の失態を思い出して、Fは怒っているのであった。

そんな言い合いをしながらも、最初に決めたローテーション通りに、Fが湯舟から出て、私が湯舟に入った。
バレーボール部員だから、そういうローテーションによるポジション移動は、きちんとしちゃうわけであった。

「まぁ、えかろう。もうすんだことじゃ。明日は強いチームの対戦を気楽に見とりゃええし…」
私がお湯の中でゆったりした気分でそう言ってると、洗い場で座っているFが、キョロキョロして何かを探していた。

「どしたん?」
「体を洗おう思うとるんじゃが、タオルがなあ」
「ないわけなかろうがぁ。さっきこの湯舟の中で、おまえはタオルで首とか顔とか、こすっとったでぇ」
「そうなんよ。さっきまで、あったんよ」
「そしたら、おまえ湯舟の中に忘れて出たんじゃ…」

私は、自分が浸かっているお湯の中を覗き込んだ。
白い布切れが、お湯の中でユラユラを揺れていた。
なんだ、やっぱり…。

私は、その白い布切れをつかんで、お湯から出した。
「ほれ、これじゃろ?」
と、Fに向かって、それを突き出した。

「?」
「!?」
「!」

風呂場の3人は、私のつかんでいる白い布切れを凝視していた。
全員が感じた、妙な違和感…。

私は自分の手の中の布切れを広げて見せた。

「あっ!」
と、Fが絶句した。

それもそのはず、それは白いブリーフであった。

「なんじゃ、こりゃ!」
と、私は思わず叫んだ。
タオルと思っていたものが、パンツだったんである。

「こりゃ、ワシのパンツか…」
と、F。
「おまえの? なんで、ここにおまえのパンツが?」
と、私。

考えられることは、こうである。誰でも、こう考える。

Fが、着替えの下着をタオルに包んで脱衣所まで持ってきたが、タオルとそれにくるまれたパンツを、気づかずそのまま両方風呂場の中まで持ち込んでしまった、ということである。

私は湯舟の中を再度覗き込み、両手でかき回して…といっても透明な湯なので見るだけでわかるのだが、あるはずの『タオル』のほうを探した。
私は、Fが湯船の中にいるときに、自分の顔を白い布でゴシゴシしているのを見ていたからである。

そのタオルは、どこに?

3人で、狭い風呂場の中をくまなく探したが、タオルはなかった。
どこにもタオルはなく、濡れた白いブリーフがあるのみであった。

Fは脱衣場で脱いだ服などのカゴも調べて戻ってきたが、
「タオルは、なぁ」
と、首を振った。

「どういうことじゃ? おまえのタオルは?」
「…わからん。なんでないんかのう」
「ちゅうことは、おまえはパンツだけ風呂に持ち込んで、そえで顔をゴシゴシ…」
「うるさぁ! パンツは新品じゃぁ」

数十年たった今でも、この謎(タオルはどこ?)は解けていない。

10年に一度くらい、私は飲みの席でFに、この話をする。
からかうためである。

普段は、そういうからかいをイヤがるFであるが、この話になると、素直に、
「あれは、なんじゃったんかのう…」
と、神妙に遠い目つきをするFなのであった。

真の意味の当事者である彼にとっても、それはいまだに、真夏の夜の夢なのだ。

ほんと…、あれはなんだったのだろう。

その夜、大きな和室に布団を2列に敷いて、我がチームは就寝した。
昔のことでもあり、風呂で使った濡れたタオルなどを干すために、部屋の隅に細いビニール製のロープが張られていた。
これも昔だからだが、カラフルなタオルというものはなく、みんな各自の白いタオルを干していた。
寝ていると頭上にそれが、見えるのである。

そのタオルの群れに混じって、ひとつ、白いブリーフが干されていた。
Fの、あのパンツである。

私はその不思議な光景が、今でもどうしても忘れられない。
そして思い出すと、一人の時でも、吹き出してしまう。

タオルの中で、一つ仲間外れの白いブリーフ…。

大事な大事な思い出である。

-------------------------------------------------

ん?…。
それはそれとして…。
Fは、あの夜、パンツをはかないで寝ていたんだろうか?

それとも試合で履いていた、汗だくになったパンツを…。

(このお題、完)

<--前 Home 一覧 次-->



2019年08月05日