【備後弁22】「こがーに、こぎゃ~に」 こんなに、こんなにも

【れたすはうす】の『広島弁(備後弁)』『岡山弁(備中弁)』
広島弁備後弁50音順一覧へ
広島弁備後弁の女子言葉編
名文備後弁訳 編

<スポンサーリンク>


広島弁(安芸~備後弁)~岡山弁(備中弁)講座22

【こがーに、こぎゃーに】 こんなに、こんなにも

 

『大きな岩』っていうと、神道で御神体にされたりする『磐座(いわくら)』があるよね。『磐座』は、そこに神を降臨させる『依り代』となるんだとか。

 

もともと自然崇拝(精霊崇拝・アニミズム)みたいなもので、岩に限らず、湖とか大木とか、山そのものとかも信仰の対象になったりしたんだ。

 

日本の古い神道(神道という言葉もなかったと思うけど)では、社殿のような建物はなかったらしいよ。自然物そのものが、神様(あるいは神様がいる場所)だったんだね。

(う~ん、今回は、珍しく真面目な話か?)

 

ボク(当サイト主宰者【れたす】)は、以前とある町で神社に御神体を見せてもらったことがあるんだよ。

磐座や神社の話をしてたら、それを思い出したぞ。どうぞお読みください。

 

標準語 広島(備後)弁
こんなに こがーに
(こがぁに、こぎゃーに)
こんな こがーな
(こがぁな、こぎゃーな)

 

<会話例1>

標準語
広島備後弁
どうして、こんな目に遭うんだ!
          ↓
なんで、こがーな目に遭うんじゃ!
こんなに、ムチャクチャなことしてたら、そういうことにもなるだろ。
          ↓
こがーにわやにすりゃ、こうもなるわ。

 


名文備後弁訳編

<--前 Home 一覧 次-->

<スポンサーリンク>

2017年12月22日