【備後弁67】「おいい」 「おおいい」 多い

【れたすはうす】の『広島弁(備後弁)』『岡山弁(備中弁)』
広島弁備後弁50音順一覧へ
広島弁備後弁の女子言葉編
名文備後弁訳 編

<スポンサーリンク>


広島弁(安芸弁~備後弁)~岡山弁(備中弁)講座67

【おいい】【おおいい】 多い

 

本日も、当サイト主宰者の【れたす】が担当です。

 

おいい】。

不思議な言葉です。

 

もちろん、【多い】ということです。

が、『おおい』ではなく、『おいい』。

 

なぜ、『お』が『い』になってしまったのか?

 

広島県人、備後人(周辺地域同種方言)の方々は、標準語をしゃべっているつもりのときでも、無意識に

おいい』と言って自分では気づいていないのでは?

 

また、【多い】が日常語の方々も、備後人が無意識に『おいい』と発音しているのを聞いても、音声が脳に到達したときに『多い』と自動変換して処理してしまっているのでは?

 

広島出身者が、テレビなどで怪しいイントネーションながらも、ちゃんと標準語を話しているのだけれど、

「そうなんですよ。そういうのがおいいんですよ」

と言っているのを、よく聞く気がします。

 

備後人(広島人)ならば、小学低学年の時に、『多い』という漢字に読み仮名をふるとき、

 

 

と書いて、何とも思わなかったはず。

そして採点する国語の先生も、そのまま丸をつけた…はず。

 

かなり無理のありそうなキラキラネームが役所で受け入れられるのは、漢字と日本語の基本的な関係性として、『もともと漢字の訓読みは、訓読み言葉の定義が同じであれば、どう読もうと自由』だからです。

 

なぜ自由かというと、たとえば『牛』という形の漢字(象形文字、表音文字、中国語)が表しているのは『うし』とか『べこ』とか言い方が異なっても、その言葉が指し示しているのは『哺乳綱鯨偶蹄目ウシ科ウシ亜科の動物』のことだからです。

 

ですから、『多い』に『おいい』と読み仮名をふっても正解のはず。

(※実際は、間違いとなるんだろうけど…方言差別というより、何が正解かわからなくなるから、一応標準語基準ということ・・・でしょう → 地方差別の根深い遠因?)

 

やはり、方言というか言葉の謎は、おいいです。

 

※参照【えっと、ぎょうさん、ようけ】講座10

 

標準語 広島(備後)弁
多い おいい

 

<会話例1>

標準語
広島備後弁
これはまずいぞ。明日の試験までに丸暗記する項目が、すっごく多い
          ↓
こりゃいけんわ。明日の試験までに丸暗記する項目が、もんげぇおいい
あらまあ、憶えなきゃならないことが多いなんて…いまさらお言いですの。
          ↓
あらま。憶えんといけんことがおいいなんて…いまんなって言(ゆ)うん。

 

はにれた【備後弁まんが】
三原三万石
やっさだるマン
タカカゲくん

<--前 Home 一覧 次-->

<スポンサーリンク>

2018年10月03日