つぶやき<002-2>失うということ 2

 

 


失うということ 2

『その女優は、年々美貌と若さを失っていった』
は、どうだろう?

【若さ】に関しては生命体の運命として100%正しいが、【美貌】に関しては人の好みでしかない。

よって、『美貌を失う』ためには、その女優は【誰もが美人だ!】と思っているという前提がなければならない。
誰もが…という前提は成立しない。好みは人によるのだし。

ん?
そもそも、彼女は【女優】なのか?
数本の映画に脇役で出ただけで、当人が勝手に女優気取りになっているだけなのでは?

生きていると、我々はいろいろなものを失う。
失ったと思っているものは、実際にそれまでホントに、【持って】いたのか?
今、得たと思っているものは、実際に【得て】いるのか?

長く生きていると、
「私は今、確実になにを持っているのか?」
を、多少考えることになる。

年齢を重ねると、新たに得るものは少なくなり、失うものばかり増える。

そして、失ったものについては、
「そんなものは、もともとなかったんじゃなかろうか?」
とか、考えたりするわけだ。

失ったと思っているものが、実際はもともと無かったとしたら、今、持っていると思っているものも、実際はありもしないものじゃなかろうか?

まあ、それはそれで気が楽ではある。
もともと無かったものなら、それを失う恐れは、まったくないのだし…。

(このテーマ 完)

 

<--前 Home 一覧 次-->



2019年02月15日