【備後弁63】「よばれる」 ごちそうになる

【れたすはうす】の『広島弁(備後弁)』『岡山弁(備中弁)』
広島弁備後弁50音順一覧へ
広島弁備後弁の女子言葉編
名文備後弁訳 編

<スポンサーリンク>


広島弁(安芸弁~備後弁)~岡山弁(備中弁)講座63

【よばれる】 ごちそうになる

 

本日は、【Rちゃん】の担当です。

 

ここで取り上げておきながら、身もふたもないことを書きますが、【よばれる】は広く使われていて、普通の意味ではほぼ標準語でしょう。

 

ただ少なからぬ人々にとっては聞きなれない言葉のようで、方言でしょ?と思っていたりするようです。

 

さて…、わたしは、いつもお腹が減っています。

 

これは体質と言うか、DNAレベルの問題だと、自分では考えています。

つまり、

『私の意志では、決して我慢ができない!』

ということです。

 

ただし、よその家で【およばれ】するときは、そんなに食べれません。

なんというか…どこの家でも、私ほど食べる人がいないので、つい無意識に『自主規制』が働くみたいなんです。

 

乙女の『恥ずかしがり』という心理?

 

なにしろ、信じられないことですが、普通の人?は、普通のお茶碗に1杯か2杯食べただけで、

「もう、お腹いっぱいだわ」

などと冗談みたいなことを平気で言うのです。

 

言うだけでなく、実際に、もうそれ以上食べません。

 

「ご病気かしら? インフルでの40度の発熱してるとか、コレラによる下痢状態とか、胆のう結石による激痛に苦しんでらっしゃるから、食欲が減退しておられるのかしら…」

と心配するのですが、みなさん顔色もよく、食後のお茶をすすってらっしゃいます。

 

「もしかして…」

もしかして、ですけど、ありえないことですけど、

「みなさま、お茶碗1、2杯で、もうほんとうに満腹で満足なのかしら?」

 

まさか…。

 

そんなバカなことがあるわけがありません。

 

私などは、3杯4杯と食べて、やっと飢えを凌いでいる感じ…。

5杯目あたりから、本当の食事開始。

7杯目で、

「今日はこのくらいに…」

という日常。

 

ときに、家中の食物を食べつくしてしまい、

「町内を巡って、およばれされようかしら」

と妄想にふける、私です。

 

標準語 広島(備後)弁
ごちそうになること およばれ
ごちそうになる よばれる
ごちそうになった よばれた
ごちそうにならない よばれん
ごちそうになりたい よばれたい
およばれされたい
ごちそうになったの? よばれたん?
ごちそうになっていない よばれとらん
よばれんかった
ごちそうになりたくない よばれとうなぁ
ごちそうになどなりたくない よばれとうもなぁ
ごちそうになりたくないこともない よばれとうなぁこともなぁ
ごちそうになってしまった よばれてしもうた

 

<会話例1>

標準語
広島備後弁
え? 友達の家に呼ばれて、ごちそうになったの?
          ↓
え? 友達の家に呼ばれて、およばれしたん?
そうなのよ。そんなつもりはなかったんだけど。
          ↓
そうなんよ。そげなつもりはなかったんじゃけど。

 

はにれた【備後弁まんが】
三原三万石
やっさだるマン
タカカゲくん

<--前 Home 一覧 次-->

<スポンサーリンク>

2018年09月29日