アブドーラ・ザ・ブッチャー (オールド・プロレスファンなら、レジェンドでしょ!)

<スポンサーリンク>

アブドーラ・ザ・ブッチャー

人間の記憶(私の記憶限定?)はアテにならないと、つくづく思わされる。

アブドーラ・ザ・ブッチャーとシークが、(食器の)フォークでテリー・ファンクの上腕を刺して流血させ、会場が大荒れになり、熱狂的に盛り上がった伝説?の試合【全日本プロレスの『世界オープンタッグ選手権』の最終戦で蔵前国技館で行われたザ・ファンクスVSブッチャー・シーク組の戦い】がある。

この試合があったのは、私の小学生の頃のことだとずっと思っていたが、調べてみると、1977年12月に行われていた。
それなら私は、すでに大学生である。

弟と一緒に炬燵に入ってテレビ観戦した記憶があるから、帰省中だったのだろう。
ブッチャーもシークも、いわゆるプロレス技は一切出さない。打撃と凶器攻撃を含む反則で試合を組み立てる。

今、考えてみると、すごいな。
人が人を、ただ度突きまわしているのを退屈させず、観戦させてしまうのだからなぁ。
(誤解する人も多いが、プロレスファンの大部分は、ケンカそのものを観たいなどとは全く思っていない)

凶器攻撃のブッチャーは、その後、プロレス界を超えて悪役人気が爆発し、テレビCFにも出たりした。平成になっても、70歳を超えても、来日してたなぁ。

それから時が経ち、数十年後。ブッチャーの引退前の時期だと思う。
ある年のお盆、私は福島県の阿武隈高原パーキングに車を停めた。妻の実家に墓参りに帰る途中だった。

駐車場には大型バスが一台あり、【全日本プロレス】と書いてあった。
「おお!」
私は興奮した。 私は全日本プロレスを観て育ったからだ。
(新日本も好きだけどね)

車から降り、トイレに向かうと、トイレの前に一人の巨漢が立っていた。
それが、あのブッチャーだった!

ブッチャーは、サングラスをかけ葉巻を吹かしていた。
ああ、まさしくブッチャーだ!

ブッチャーも年をとり、インディー団体に出たりしていたが、また全日本プロレスに戻ってきたのか?

もはやブッチャーは怖くない!(…はず)
ブッチャーは日本が好きだし、奥さんも日本人の血が混じっているというし、CFでもお茶目なところを見せている。

そもそも彼は、【職業人・キャラクター】としてのプロレスラーなのだ。
凶暴ではない!(…はず)

そんなことはわかっているが、私はどういうわけか、ブッチャーを目の当たりにして、
「握手してください」
が、言えなかった。
ものすごく、したかったのに。

私はブッチャーを恐れるように離れて歩き、チラチラと様子をうかがいながらトイレに入った。

それは私なりの、彼への【敬意】みたいなものだった。

私はなんとなくお腹が痛くなり、大のほうをしなければならなくなった。
トイレに座って、じっくり私は考え直した。
「おいおい、こんなチャンスはないぞ。引退したら日本にも来なくなるぞ。あのフォーク攻撃と地獄突きのブッチャーと握手ができるんだぞ!!」

私は急いで個室を出た。もちろん手は念入りに洗った。(一般常識・礼儀)

外に出ると全日本プロレスのバスは、ブッチャーを乗せて、すでに去っていた。

(このお題、完)

<--前 Home 一覧 次-->



2018年12月05日