【備後弁82】「こさげる」 (全部きれいに)削り取る、こすり取る

【れたすはうす】の『広島弁(備後弁)』『岡山弁(備中弁)』
広島弁備後弁50音順一覧へ
広島弁備後弁の女子言葉編
名文備後弁訳 編

<スポンサーリンク>


広島弁(安芸弁~備後弁)~岡山弁(備中弁)講座82

【こさげる】 (全部きれいに)削り取る、こすり取る

 

『ごはん』といえば、私、【Rちゃん】です!。

 

この【こさげる】。

『お釜の内側にくっついて残っている御飯を回収する』ときに、使う言葉です。

 

つまり、

お釜の内側にくっついて残っているご飯をこすり取る』ことを、ひと言【さこげる】と言えばいいので便利です。

 

最近の電気炊飯器の釜の内側には加工がしてあるので、御飯がこびりついてなかなか取れない、ということはありませんよね。

 

でも昔は鉄のお釜で御飯を炊いていたので、焦げ付いた米粒がお釜の内側にくっついて、なかなか簡単には取れなかったものです。

 

それをシャモジで、ギシギシ、ゴシゴシ、ガリガリ…ってな感じで、こすって取っていました。

おこげを超えて、炭みたいになって、しっかり焼き付いてしまった御飯の固い部分は、『こする』ではなくて、もう『削る』感じになっていまします。

 

昔のそういう御飯を炊いたお釜を知らない人は、焦げ付き防止加工のしていないフライパンで、お肉を焼きすぎたときを思い出してください。

脂肪とタンパク質が焦げ付いて固まり、なかなか簡単には取れなくなってしまいますよね。

 

あるいは、お好み焼き店の鉄板を思い出してください。

あれも表面にいろんなものが焦げ付いてしまうと、コテでガリガリと取り除きますよね。

 

あの動作が、【こさげる】ですね。

 

でもやはり、【こさげる】というのは、お釜の内側に残っている、おいしい『おこげ』を搔き集めることですよねぇ。

 

あ~、ご飯食べたい!

 

 

標準語 広島(備後)弁
削り取る
(こすり取る)
こさげる
削り取った こさげた
削り取らない こさがん
削り取らなかった こさがんかった
削り取ることができない こさげん
こさがれん
削り取ることができなかった こさげなんだ
こさがれんかった
削り取れ! こさげぇ!
削り取るな! こさぐな!
削り取ってしまった こさげでしもうた
削り取れないかなぁ こさがれんかのう
削り取ることなどできない こさがれるわきゃなかろうがぁ

 

<会話例1>

標準語
広島備後弁
お釜の内側をこすって、おこげを確保!
          ↓
お釜の内側をこさげて、おこげをもろーた!

 

はにれた【備後弁まんが】
三原三万石
やっさだるマン
タカカゲくん

<--前 Home 一覧 次-->

<スポンサーリンク>

2019年02月03日