広島弁訳名文<016>羊を巡る冒険(村上春樹)

備後弁女子言葉編 広島弁備後弁講座
  広島弁備後弁音順表

 

今回は、『村上春樹』さんの、【羊をめぐる冒険】の、一部です。

【羊を巡る冒険】 (村上春樹)
広島弁備後弁訳
「ワシはワシの弱ぁとこが好きなんよ。
 きついんや辛ぁんも好きなんよ

 夏の光じゃったり風の匂いじゃったり、
 蝉の声じゃったり、
 そんなもんが好きなんよ。

 どうしょうもなぁ好きなんよ。
 おまぁと飲むビールじゃったり…」

鼠はそこで言葉をいなした

「わらかんのう」
いなした→飲み込んだ

 

 

【羊を巡る冒険】 (村上春樹) 原文
(勝手ながら、WEB表示用に、文の区切りや段落は管理人が変更しています)
「俺は俺の弱さが好きなんだよ。
 苦しさや辛さも好きだ。

 夏の光や風の匂いや蝉の声や、そんなものが好きなんだ。
 どうしようもなく好きなんだ。君と飲むビールや……」

鼠はそこで言葉を呑みこんだ。

「わからないよ」

<--前 Home 一覧 次-->

はにれた【備後弁まんが】
三原三万石
やっさだるマン
タカカゲくん

<スポンサーリンク>

2019年03月29日